精密ばねのアドバネクス

コイリング


icon_nc1アドバネクスでは、線径φ0.015から加工可能です。全てのコイリングマシンは自由長検出器搭載、荷重特性の全数保証をしています。多品種少量生産になっても、独自の工程管理により混入や納期遅延などは発生しません。引きばねのフックの形状は、どの様な形にも対応いたします。用途により希望される端末処理、また、熱処理やセッチング、表面処理など、後処理のノウハウも豊富ですので、ご要望にあわせご提案させていただきます。メカ・NCコイリングマシンなど多種多様な設備と圧倒的な台数を保有していますし、材料供給から、コイリング、熱処理、検査、梱包までの一貫生産ラインを構築していますので、難易度の高い製品にも対応します。

比較的小さな押しばね

アドバネクスでは、材料の直径 φ0.015 から可能で、その際のツールは自社で設計しています。このように小さなばねは、自由長をレーザーセンサーで捉え、全数保証を行っています。これ以外にも、画像センサーを用いる設備もあり、自動補正装置と連動しながら、同様に全数保証を行っています。仮に加工中に異常があった場合は、セパレータで異常品を分離し、生産を継続しますので、夜間/土日・祝祭日を利用した完全無人化が可能となっています。


他のムービーを見る

  • m03
    一般的な押しばね
  • m05
    非常に小さな引きばね

support

  arrow 技術・工法紹介 トップへ