Advanex

導入事例 | INSPIRATION なるほど事例集

006 アンテナメーカー 世界で初めての携帯電話内蔵アンテナを開発 内蔵アンテナとして世界初のインサート成形技術を駆使

対応製品

インサート成形

カテゴリー

インサート成形

技術・工法

インサート成形
インサート成形

icn_data

顧客情報

業種:アンテナメーカー
従業員規模:1人〜100人

最終製品

携帯電話内臓アンテナ

納期

開発依頼後6ヵ月

選定理由

提案力

ソリューション・ポイント

試作センター
工法転換
最先端設備
発想力
インサート成形技術
徹底した品質管理

顧客メリット

開発した内蔵アンテナ採用の携帯電話は、400万台を超えるNo.1ヒット商品となった。

背景

ワイヤーのばねで携帯電話の内蔵アンテナを作りたい

日本を代表する携帯電話のアンテナメーカーであった顧客から送られて来たのは、ワイヤーばねが小さく折り畳められている1枚のポンチ絵。2001年当時といえば携帯電話のアンテナはポップアップ式であったが、アンテナを内蔵すればより小型化が可能となりデザイン性も向上するとの狙いから、長いワイヤーばねを小さく畳んで、携帯電話の筐体内部に収納して、アンテナとして機能させるという発想が生まれていた。

顧客リクエスト

可能な限り小さく、受信性の高い内蔵アンテナを開発せよ

受信特性に優れたスパイラル形状を活かした携帯電話内蔵タイプのアンテナを、世界に先駆けて開発する。

ソリューションと成果

「ワイヤーから板へ」すべては発想の転換から始まった

ばね状のものを筐体に納めるために、樹脂のケースを試作して内蔵してみると、振動で巻きピッチが乱れ安定した電波受信ができないという問題が判明した。そこでアドバネクスのインサート成形技術者が発案したのが、受信に有利なスパイラル形状を活かしたプレス方法。このワイヤーばねから板ばねへの発想の転換が成功へのきっかけとなった。ポンチ絵をもとに顧客がハンドメイドで銅箔を切り樹脂に貼り付けて受信状態を測定すると、まずまずの好結果を得た。そこでアドバネクスとの協働でインサート成形可能な板ばねを試作。最終的に内蔵アンテナ向けとしては世界で初めてインサート成形技術を活用、実用化に成功した。成功のファクターは、アンテナ素子用プレス部品と実装用プレス部品の2枚のそれらを1部品化してインサート成形し、自動ライン化された次工程のプレス加工工程で不要な部分をカットすることで元の2部品に戻すというアドバネクスの発想の転換が、生産安定性を生み出した。

営業担当の声

営業担当の声 「世界初の製品」の開発に携われ、しかも大ヒット。街でその携帯を見たときは感無量でした。 support

  arrow 導入事例 トップへ