精密ばねのアドバネクス

プレス


icon_nc1 アドバネクスでは、一般プレスから高速精密プレス・鍛造プレスまで、最大250トンの多種多様な設備群を保有しています。金型は内製化し、ノウハウを蓄積する一方で、お客様のニーズに即応できる体制が整っています。金型内部にスライド機構を設けるなど、金型内自動カシメのような複雑な加工も可能です。リール品の生産も行っており、ダコンや傷などは画像検査装置により100%保証を行っています。加工のみならず、納入形態や輸送方法についてもノウハウを保有。商品のライフにあわせた、安価な金型設計も可能です。材料供給から、スタンピング、リール巻取り、検査までの一貫生産ラインを構築し、難易度の高い製品にも対応しています。

高速精密プレス

ターンテーブルから材料を供給し、金型の中で製品形状を作っていきます。
この製品はリールに巻き取るタイプの部品ですが、加工後に設置した画像検査装置により、ダコン、傷、汚れ等を全数チェックし保証しています。異常があれば、画像データを記録し機械を止め、ブザーとライトで作業者に知らせます。リールへの巻き取りに関しても、最大6リールまで自動巻取りができますので、無人加工が可能になっています。


他のムービーを見る

  • m07
    大型サーボプレス

support

  arrow 技術・工法紹介 トップへ

コイリング