Advanex

深絞り加工


icon_nc1アドバネクスでは、薄肉細物の深絞り加工を得意としております。
独自の技術とノウハウにより、最小外径はφ0.5より加工でき、外径の37倍程度まで深絞り加工が可能です。
紹介している製品は、半導体チェッカーピンのレセプタクルですが、製品の中心あたりに3ヶ所に0.68でディンプル加工を施しています。
さらに先端には同じく3ヶ所に高さ0.03mmのビート加工を施しています。
現在、切削加工・パイプ加工している製品もトランスファー加工へ工法転換することで、コストを低減したり精度を向上させたりすることも可能ですので、お気軽にご相談下下さい。

深絞り加工


support

  arrow 技術・工法紹介 トップへ